物流倉庫へ委託できる業務とは?

在庫管理
システムは
こちら

086-362-7315

営業時間:8:00〜17:00 定休日:土日祝日

無料相談
無料お見積りは
こちら

086-362-7315

営業時間:8:00〜17:00 定休日:土日祝日

物流倉庫へ委託できる業務とは?

物流倉庫へ委託(アウトソーシング)できる業務とは

 

 

自社の物流業務を委託したいと思ったときに、実際にはどこまで、代行をしてくれるのでしょうか?

特に委託(アウトソーシング)を初めて検討された方にとっては、イメージが湧きにくいと思います。

ここでは委託できる業務について、詳しく説明していきたいと思いますので、物流倉庫の選び方のヒントにして頂ければと思っております。

 

委託および代行が可能な業務とフロー図

 

 

 

入庫(入荷)・検品・保管・流通加工・ピッキング・梱包発送・システム管理・輸送

 

入庫(入荷)

倉庫に届いた荷物を、受入して保管場所への格納までを行う業務。

 

検品

入庫時に届いた荷物に、欠損・破損・数量違い・物が違うなどの確認を行う業務。

 

保管

商品・部品に適した保管・管理を行う業務。

 

流通加工

入庫時・もしくは出庫時に、軽組み立て・タグ付け・シール付け、アソート(組み合わせセット)・仕分けなどを行う業務。

 

ピッキング

保管されている場所から、商品・部品をピックアップし出荷前の準備を行う業務

 

梱包発送(出庫)

出荷指示に合わせて、必要な梱包を施し、発送する業務。

 

システム管理

入庫から保管・出庫まで、システムを使って一括管理する。

 

輸送

路線便・チャーター便・コンテナ輸送など様々な方法を用いて商品・部品を輸送する業務。

 

 

まとめ

物流を委託(アウトソーシング)するイメージが少しでも湧きましたでしょうか。

簡単に項目を書かして頂きましたが、実際に行う業務はお客様との協議によって行います。

 

特別な許可・必要な商品や特殊技術・免許を必要とする作業は、困難な場合がありますが、倉庫内で出来て上記を必要としないものであれば、大抵の物流作業は委託・代行が可能かとおもっております。

 

物流を委託するということは、ある程度のコストと時間が必要となる場合が多いです。

 

最初に綿密な打ち合わせを行い、お客様のニーズを正しく把握して、物流の代行を行う事で、お客様が物流以外で本当に行わなければいけないコア業務に集中して頂くことを目的としています。

相見積もりも大歓迎!お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

086-362-7315