大手物流と中小物流の違い

在庫管理
システムは
こちら

086-362-7315

営業時間:8:00〜17:00 定休日:土日祝日

無料相談
無料お見積りは
こちら

086-362-7315

営業時間:8:00〜17:00 定休日:土日祝日

大手物流と中小物流の違い

大手物流企業と中小物流企業。

これから物流機能のアウトソーシングを検討されている方は、委託先の会社選びに悩んでおられるのではないでしょうか。
大手物流と中小物流の違いはなんでしょうか。

大手企業にアウトソーシングする。

有名企業というネームバリューは大手物流がダントツです。皆が知っているあそこに任せているから安心。
国内各地を網羅している。確かにそうですね!

ただし、契約条件も厳しいものがあります。
月間3000件以上の出荷数がないと契約できない。梱包資材が決まっていて割高。自社便でしか対応できない。
WMSの契約や、特別な物流機能のオリジナル構築を依頼すると予想外の高価格になる。
効率的な反面、コストの負担が大きい。緊急対応が難しい…など。

中小物流企業であるロジックイノベーションの強みとは。

社内の迅速なネットワークで、日々の変化する仕事量に応じた人員の配置をすることにより、円滑で効率的な業務を目指しています。
ロジックイノベーションでは独自の物流システムLincSを運用しています。
システム運用により適正在庫、発注点が明確になり、不要在庫、滞留在庫の軽減につなげて、売上拡大と経費削減のお手伝いをします。

少数の出荷件数からアウトソーシングが可能。事例から推測すると、少ない件数のうちにアウトソーシングしておくのが賢明です。
出荷件数や商品保管数が増えて、手が回らなくなってからの移動の方が困難になります。
ロジックイノベーションでは出荷件数が増えた場合にも柔軟に対応いたします。保管場所も荷量の変化に応じて適切な管理をしております。

また、複雑なミルクラン輸送の仕組みづくりもご相談ください。サプライヤーの出荷拠点がどこに存在し、日々どれだけの量が必要なのか。
今までは、サプライヤー任せの納品から自社主導のミルクラン輸送に移行させた場合、どれだけのコスト削減効果や、
納品トラックの混雑解消など安全面の効果があるのかなど、緻密なシミュレーションが不可欠となります。
お客様のイメージに合うよう柔軟な荷扱い。お困りごとをヒアリングして納得いくまでお打ち合わせします。

検品や梱包資材や緊急対応にも真摯に向き合います。

それぞれのお客様にソリューションします!
お困りごとはぜひご相談ください。
良いご提案が出来ればと思います!

相見積もりも大歓迎!お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

086-362-7315